「そろそろ春服を買わなきゃ」って気持ちになって来ると、気になるのが…

今年って、どんな春ファッションがトレンドになってるの?

…ってことですよね。

そこでここでは、海外ブランドの2019年の春夏コレクションから、リアルに取り入れやすいレディース春服トレンドをピックアップしてまとめてみました。

また、プチプラで買えるショップを中心に、トレンドアイテムに強いファッション通販サイトなども、年代別にまとめているので、ネットで買いたい人は、そちらの方もチェックしてみて下さいね。

年代別の今年の春服

ではでは~、2019年の春ファッション、先ずは、海外のコレクションの全体的な傾向から見ていきましょう。

春服トレンド2019は、スポーティーとフェミンの融合

レディース春ファッションのトレンドの変遷と、それを受けての2019年の春服の傾向を短くまとめると…

ポイント

シンプルなベーシックトレンドが終わり、カラフルで、明るく派手な春ファッションが、昨シーズンで完全復活!

今年は、その流れを受けつつも、昨シーズンで盛りに盛った装飾主義は、少し控えめになり、

フェミニンにスポーツ要素をミックスするなど、クールで大人っぽいスタイルが盛り返しつつある

…という感じでしょうか。

過去には、ミニマルなカジュアルファッションと言うことで…

  • 「究極の普通」と言われた「ノームコア」や
  • 男と女を超越したような「ジェンダーレス」なファッション

…のトレンドが続いてましたよね。

ところが、数年前からは、その揺り戻しのような現象が起こり、女性らしいフェミニンコーデや、可愛く盛ったガーリーコーデなどが台頭し始め、徐々にシンプルファッションよりも優勢になっていきました。

そして、ついに昨年。

フリルやラッフル、プリントロゴなどで、装飾づくめにするキッチュなスタイルや、花柄、レース、リボンなどで、ロマンティックに大人可愛く盛る派手ファッションが、春夏コレクションのランウェイを席巻!

シンプルスタイルを通過して来た「新感覚の派手ファッション」がピークを迎えました。

2019年は、その流行を継承しつつも、

  • 女性的なドレスにクールなスポーツテイストがミックスされたり、
  • 甘すぎず大人っぽいパステルカラーがトレンドになったり、

派手めな中にも、少しカッコいい系の要素が混ざりつつあります。

フェミニンにスポーティーをミックス

2019年のレディース春ファッションのトレンドを象徴するのが、ドレスアップしたスポーツスタイル。

着こなしに取り入れるなら、おしゃれなスポーツ着を、そのまま街で着るのではなく、フェミニン要素とスポーツ要素を、お好みのバランスで、上手にミックスしていくのがポイントです。

FENDI 2019春夏コレクション イタリア ミラノ

フェンディ 2019SS

LOEWE 2019春夏コレクション フランス パリ

ロエベ 2019SS

PRADA 2019春夏コレクション イタリア ミラノ

プラダ 2019SS

sacai 2019春夏コレクション フランス パリ

サカイ 2019SS

出典:www.fashion-press.net

例えば、イタリアやフランスの「春夏コレクション2019」のランウェイでは、ポケット付き白Tシャツを、フェミニンな花柄スカートと合わせたり、プリーツスカートを、アウトドアぽいベストの合わせるようなコーディネートが登場。

さらには、女性らしいゆったりしたシルエットのワンピースが、スポーティーなライン配色だったり、フェミニンな素材感のブルゾンに、特大のポケットが付いていたり、洋服のデザイン自体が「フェミニン+スポーティー」になっているブランドも目立ちました。

レース、フリル、透ける素材など…今まで、スポーツファッションと組み合わせてみることなど、考えたこともなかった、ガーリーでロマンティックなアイテムでも、今季は、新しい組み合わせをいろいろと試してみるチャンスです。

今年の春のパステルカラーは大人パステル

去年のレディース春服の「No.1トレンドカラー」は派手ピンクだったので、春のパステルカラーも、カラフルな色合いが多かったですが、2019年のパステルカラーは、少しおさえ気味のパステルカラーが主流です。

DRIES VAN NOTEN 2019春夏コレクション フランス パリ

ドリスヴァンノッテン 2019SS

MIU MIU 2019春夏コレクション フランス パリ

ミュウミュウ 2019SS

PRADA 2019春夏コレクション フランス パリ

バルマン 2019SS

BALMAIN 2019春夏コレクション イタリア ミラノ

マルニ 2019SS

出典:www.vogue.co.jp

中でも、いちばんの注目は、パリのドリスヴァンノッテンや、ミラノのミュウミュウのファッションショーに登場したような少しくすみのある大人のパステルカラー。

同じパステル系のピンクやパープルでも、スモーキーだったり、アイシーだったり、甘くなりすぎず、幼く見えないような色合いが、今年のパステルカラーのトレンドです。

春ファッションのパステルカラーが好きな20代後半~30代なら「大人パステル」を取り入れて、きれいめファッションにしたり、スプリングコートやジャケットのインナーに使ったり、スタイリッシュなテイストで着こなすのがおすすめ。

10代~20代前半で、派手目な色の方が好きな人は、イエロー、グリーン、ブルーなどの原色系のジューシーカラーや、ポップなネオンカラーも、トレンドカラーの1つに浮上し来ているので、それらをメインにコーデを組んでも、今年らしさを出せます。

MSGM 2019春夏コレクション  イタリア ミラノ

MSGM 2019SS

Blumarine 2019春夏コレクション イタリア ミラノ

ブルマリン 2019SS

バミューダパンツとミニスカート

スポーツウェアが存在感を増している今シーズン、ボトムスの新基軸として、ハイブランドが、こぞって提案していたのが、膝が出るくらいの丈感のバミューダパンツです。

PRADA 2019春夏コレクション イタリア ミラノ

プラダ 2019SS

FENDI 2019春夏コレクション イタリア ミラノ

フェンディ 2019SS

BURBERRY 2019春夏コレクション イギリス ロンドン

バーバリー 2019SS

CHLOÉ 2019春夏コレクション フランス パリ

クロエ 2019SS

出典:www.fashion-press.net

オフホワイトやスポーツマックスなど、もともと、スポーツテイストを中心にしているブランドはもちろん、フェンディ、プラダ、シャネルまでもが、細身の膝丈パンツを取り入れていました。

サイクリングパンツ的に、太ももにピッタリしたデザインのハーフパンツを取り入れるブランドも多く、ステラマッカートニーなどは、コレクションのファーストルックで、花柄のサイクリングスーツを採用していました。

さらに、ボトムスでは、ミニスカートも復活。

こちらも、ウェットスーツだったり、スイムウェアだったり、素材感的にはスポーティーを感じさせるブランドが多かったですが、

中には、バーバリーのように、ガーリーなテイストのスカートや、クロエのように、ボヘミアンファッションの流れを感じさせるスカートもありました。

春夏の新顔アイテムは、大人も着られるジャンプスーツ

ジャンプスーツだと「つなぎ」が思い起こされるので、レディースファッションなら、どちらかと言うと「オールインワン」というイメージですが、

2019年のレディースの春夏コレクションでは、いっそ「ジャンプスーツ」と呼んだほうがいいようなデザインの上下一体の新作アイテムが多く登場しました。

HERMÈS 2019春夏コレクション フランス パリ

エルメス 2019SS

SALVATORE FERRAGAMO 2019春夏コレクション イタリア ミラノ

サルヴァトーレ フェラガモ 2019SS

STELLA McCARTNEY 2019春夏コレクション フランス パリ

ステラマッカートニー 2019SS

MONCLER 2019春夏コレクション イタリア ミラノ

モンクレール 2019SS

出典:www.vogue.co.jp

例えば、パリのエルメスは、探検隊の服を、可愛く作り変えたようなジャンプスーツに、スポーティーなショルダーバッグを斜めがけするスタイルを披露。

また、ミラノのサルヴァトーレ フェラガモは、オーバーオールの素材を変え、ベルトでウエストーマークをして、きれいめドレスに仕上げたようなジャンプスーツを披露していました。

さらに、ステラマッカートニーの白コーデスタイルや、モンクレールのジャンプスーツの上だけ脱いだスタイルのように、まさに「つなぎ」っぽいデザインを活かした着こなし方もあったので、メンズライクなファッションが好きな人は、こちらを参考にしてみて下さい。

ジャンプスーツのトレンド受け、国内のポピュラーブランドでも、ドレスのように着られるロンパースやジャンスカを新作で発売。

中には、上下別のセットアップながらも、着ると、オールインワンのように見える新作を投入してきているブランドもあります。

帽子などの「かぶり物」と「バッグ」

ヘッドアクセセリーなどの「かぶり物」は、昨シーズンから流行していましたが、今年の春ファッションでは、さらに、アイテムのバリエーションが増加。

ANNA SUI 2019春夏コレクション アメリカ ニューヨーク

アナスイ 2019SS

MICHAEL KORS 2019春夏コレクション アメリカ ニューヨーク

マイケル・コース 2019SS

3.1 PHILLIP LIM 2019春夏コレクション アメリカ ニューヨーク

3.1フィリップリム 2019SS

MARC JACOBS 2019春夏コレクション アメリカ ミラノ

マーク ジェイコブス 2019SS

出典:www.fashion-press.net

ハットタイプの帽子は、もちろんのこと、ターバン、バンダナ、フード、カチューシャ、ヘッドバンドなどなど、実に、いろいろなタイプの「かぶり物」が登場しています。

着こなし方では、かぶり物と服とバッグの柄を合わせたようなコーディネートもあり、中には、ニューヨークのマーク・ジェイコブスのように、コートと同じ素材のスカーフを頭に巻くようなスタイルもありました。

ハンズフリーになるバッグは引き続き、腰巻きウエストポーチや、斜めがけボディバッグなどが流行中。

手に持つハンドバッグでは、小さいバッグと同時に、大きいバッグを小脇にかかえるようなスタイルも流行ってます。

レディース春ファッションのトレンドカラー2019

今年の春服のトレンドカラーは、昨年からの派手さを残しつつも、大人っぽいクール系のカラーが混じってきているのが特徴的。

赤、オレンジ、ピンク、パープルといった暖色系も引き続き人気ですが、「今年っぽい」っていう意味では、グリーンやアイスブルーなど、寒色系のトレンドカラーにも注目です。

植物由来のグリーン

コトハヨコザワ、ハレ、ヒロココシノ、トクコ・プルミエヴォルなどなど…特に、東京コレクションで、各ブランドが積極的に採用していたのがグリーンです。

春服としては、取り入れるのが、なかなか難しい色ですが、各ブランドが提案してるコーディネートのように、

  • ボトムスだけ緑、とか、
  • 緑を透け素材の下にレイヤード、とか、

部分的にでも取り入れると、今年らしいカラーバランスになります。

ベーシックな白や黒とも相性がいい色なので、定番的なカジュアルファッションに、靴、鞄、アクセサリーなど、小物の差し色でグリーンを使うのもおすすめです。

豊富に出揃ったイエロー

パリのシャネルとサカイ、ミラノのアルベルタフェレッティとエトロなどなど…海外のコレクションでは、イエロー系が豊富に出揃いました。

ぱっと目を引く鮮やかなイエローに、こっくり系で落ち着いた感じのイエローから、花柄と組み合わせた可愛い黄色まで、あらゆる色合いのイエローが使われていたので、年代に合わせて、好みの色合いを取り入れていくのがいいかもです。

例えば、ヒマワリのようにはっきりしたイエロー系のトップスは、ブラックと相性がいいので、ライン入りのブラックパンツと合わせて、10代~20代のスポーティーファッションにおすすめ。

40代~50代で「あまり、鮮やかな黄色はちょっと…」という人なら、派手さを少しおさえ気味のレモンイエローのカーディガンを羽織ったり、コーデのアクセントに、小物でフレッシュイエローを取り入れたりする手もあります。

ナチュラルなら、ベージュとキャメル系

ナチュラル服が好きな人に人気のアースカラー系なら、今年の春は、ベージュ&キャメルに注目です。

春アウターでは、アノラック、マウンテンパーカー、トレンチコートなどに、新しいデザインが出てきたので、それらの色としても、ベージュ&キャメル系の色が多く使われていました。

アノラック、マウンテンパーカーなどのアウトドアっぽいアイテムは、フェミニンファッションとミックスさせるのがトレンド。

また、トレンチコートは、ベーシックなアイテムですが、2019年の春の新作では、今までに無かったようなデコラティブなデザインのコートが登場しています。

例えば、ガーリー系の国内ブランドでは、トレンチコートにビスチェが付いたタイプ、上下別のセパレート型のトレンチコート、さらには、トレンチコートのデザインがプリーツスカートになったものまで出てきています。

また、プチプラブランドでも、

  • コーディガンのように、カジュアル服に、軽く羽織るのにちょうどいいタイプ
  • デニム素材のトレンチコート
  • 袖なしノースリーブタイプのトレンチコート

などなど…こちらもバリエーション豊富なので、新しく買ったり、買い替えたりするのに、ちょうどいいシーズンです。

柄のトレンドなら、マルチプリントカラーにも注目

チェック柄、ストライプ柄、花柄など、春物では、柄のトレンドも気になりますよね。

レトロファッション系では、ストライプ柄やポルカドット柄などは健在で、マニッシュなグレンチェック柄のトレンドも、まだ、続いています。

おしゃれ上級者向けでは、マルチカラーの柄物アイテム同士を合わせるようなコーディネートが新鮮。

フラワープリントのスカートに、同じ柄で色違いのジャケットを合わせたり、総柄ワンピースの上から、さらに、総柄のジャケットを羽織ったりするようなコーディネートが、ランウェイに登場していました。

柄オン柄コーデまではいかなくても、マルチプリントの総柄はトレンドなので、柄物が好きな人は、1枚で映える柄シャツなどを、探してみるのもおすすめです。

国内ブランドの春服トレンド2019

海外ブランドの大人モードなトレンドを受けて、日本国内のブランドでも、今年の春服は、カラフルと言うよりも、ブラウンやナチュラル、ラテカラー系の少し落ち着いた色合いが多くなっています。

とは言え、着るだけで、ウキウキしてくるような春らしいトレンドも健在。

ここでは、国内のレディースファッションブランドが投入してきた、今年らしい春服の新作の中から、売れてるものをピックアップしています。

レディース春トップス2019

春まだ早い3月くらいから売れはじめているのが、袖のデザインに特徴がある袖コントップスや、レースやオーガンジーなどの透けトップスたち。

パーカーやスウェットなどのスポーティーアイテムが盛り上がりを見せる中、デザインのテイスト的には、ヴィンテージ、クラシカル、レトロなどの流行も引き続き継続中です。

ボリューム袖ロゴTシャツ

着るだけでインスタ映えする春コーデになるバルーン袖のアルファベットロゴTシャツ。

ボリューム袖ロゴTシャツ

Lily Brown

フェミニンなバルーンスリーブと、スポーティなロゴをミックスした今年らしいデザイン。圧倒的なボリュームのバルーンスリーブが顔の近くにあることで、小顔効果もあります。

パフスリーブと大きい襟が可愛いブラウス

フリル付きの大きな襟と、ボリューミーなパフスリーブが、ダブルで可愛いブラウス。

オーガンジー ブラウス

Honey mi Honey

胸に少しかかるくらい襟がすごく大きいので、こちらも、顔を小さく見せてくれる効果が期待できます。

ニットカーディガンも、Gジャンも、2019年の春アウターは、ショート丈が流行っていますが、このブラウスもショート丈なので、裾を中に入れて着こなせるようなハイウエストのボトムスと好相性です。

透けるチュール袖にフリルが付いた袖コントップス

ウェディングドレスのベールによく使われる透けるチュール生地に、4段のフリルが付いた袖コントップス。

チュールフリル袖トップス

Katie

写真では、フリルスカートを合わせて、ガーリーに着こなしていますが、今年の春トレンドのギンガムチェックスカートを合わせれば、モードテイストで統一したオシャレな春コーデになります。

この新作の袖今トップスは、ブラックとホワイトの2色展開で、胸に生地と同じ色の糸で、ブランドエンブレム「K」の刺繍が入っています。

ストライプ柄×花柄プリントシャツ

ストライプ柄に、まるで花柄刺繍のようなプリント柄をのせた半袖シャツ。

フラワーオパールシャツ

FURFUR

2019年の春ファッションでは、上下合わせるだけで、おしゃれな春コーデになるセットアップも流行ってますが、こちらのシャツも、同じ生地のスカートが販売されいるので、セットアップで着こなすことも出来ます。

また、セットアップで着て、細いベルトで、ウエストマークをすれば、花柄ワンピースのような見た目にもなります。

キャミソール付きレース透けトップス

可憐に透けるレース生地全体に、エレガントな花柄をのせたスタンドカラートップス。

透ける花柄レースの春トップス

SNIDEL

色は、ベージュがかったホワイト、今年の春っぽい大人ピンク、さわやか系ブルーの3色展開で、インナーのキャミソール付き。

キャミソールは、単体で着ることも出来ます。

さらに、レース使いの春トップスでは、同じくスタンドカラーで、ノースリーブっぽいけれど、袖口が可愛いフリルになったタイプも売れています。

スタンドカラー総花柄レース 袖口フリルブラウス

SNIDEL

今年の春服を探そう!

更新日:

Copyright© 春服レディース2019 , 2019 All Rights Reserved.